消費者金融のグレーゾーン金利の撤廃

消費者金融のグレーゾーン金利の撤廃とは?

消費者金融のグレーゾーン金利の撤廃とは?

グレーゾーン金利とは、2010年6月18日に施行の貸金業法、出資法が改正する前にあった利息制限法に定められた上限金利を超えるものの、出資法の上限金利には満たない金利のことをいいます。消費者金融のグレーゾーン金利の撤廃により、過払い利息返還訴訟が多くなり、消費者金融の融資も利息制限法の範囲で行われています。

 

消費者金融のグレーゾーン金利の撤廃は、融資が受けられない人が増えるということです。そうなると闇金に人が流れます。法外な利息で苦しめられる人が増えるということになります。消費者金融のグレーゾーン金利の撤廃は利息が安くなるので、借りる方は有難いと思うでしょうが、その分審査が厳しくなるのです。

 

それにより今まで融資が受けられた人も受けられないという事態になります。消費者金融のグレーゾーン金利の撤廃により、返済ができる人を選んで貸すようになります。グレーゾーン金利で金利を払い過ぎていた人がいるということなので、計算しなおして返金できるのかどうか確認が必要です。

 

実際過払い分で借金がすべて返せた人もいるという話です。

関連ページ

個人信用情報とは?
個人信用情報とはどんなものでしょうか?キャッシングをするときにはしっかりと信用を高めておくのが重要です!
消費者金融の無利息期間とは?
消費者金融の無利息期間とはどういうことでしょうか?キャッシングを利用するときに無利息の期間で返せれば利息はいりませんね。
無理のない範囲のキャッシングってなに?
無理のない範囲のキャッシングとはどの位の規模感のことをいうのでしょうか?キャッシングをするときには大事な考え方です!